このブログのデプロイをTravis CIからGitHub Actionsにした

Posted on November 24, 2020 , Tags: GitHub Actions

表題の通り、このブログのデプロイを Travis CI から GitHub Actions にしたので概要を書く。

従来のデプロイ構成

現在、このブログは GitHub Pages + Cloudflare CDN で運用している。ブログエンジン自体は Hakyll という Haskell 版 Jekyll のようなものを使用している。GitHub Pages として公開するために、従来はTravis CIを使用していた。
これは単純に GitHub Actions が存在する前からこのブログがあったため、当時のやりやすさで選択した。デプロイについては以前、 こちらこちら で記事を書いた。

GitHub Actions への移行

Haskell で GitHub Actions する の記事を参考に、ビルドキャッシュされるようにして、GitHub Actions を記述した

name: Publish

on:
  push:
    branches: [main]

jobs:
  publish:
    runs-on: ubuntu-20.04
    steps:
      - uses: actions/[email protected]
      - name: Cache .stack
        id: cache-stack
        uses: actions/[email protected]
        with:
          path: ~/.stack
          key: v1-stack-${{ hashFiles('**/stack.yaml.lock') }}
          restore-keys: |
            v1-stack-
      - name: Cache .stack/pantry
        id: cache-pantry
        uses: actions/[email protected]
        with:
          path: ~/.stack-temp/pantry
          key: v1-pantry-${{ hashFiles('**/stack.yaml.lock') }}
          restore-keys: |
            v1-pantry-
      - name: Move .stack/pantry to temp
        uses: matsubara0507/actions/[email protected]
        with:
          source_dir: ~/.stack-temp/pantry
          source_files: |
            pantry
          target_dir: ~/.stack
      - uses: actions/[email protected]
        id: setup-haskell-cabal
        name: Setup Haskell
        with:
          ghc-version: 8.6.5
          cabal-version: 2.4.0.1
          enable-stack: true
          stack-version: "latest"
      - name: Install sass
        run: |
          wget -O /opt/sass.tar.gz https://github.com/sass/dart-sass/releases/download/1.29.0/dart-sass-1.29.0-linux-x64.tar.gz
          cd /opt
          sudo tar xvf sass.tar.gz
          sudo mv dart-sass/* /usr/local/bin/
          cd -
      - name: Install dependencies
        run: stack --system-ghc build
      - name: Build blog
        run: |
          stack --system-ghc exec -- blog clean
          stack --system-ghc exec -- blog build
      - name: Checkout blog branch
        uses: actions/[email protected]
        with:
          ref: blog
          path: blog
      - name: Move assets to blog branch
        run: |
          cp -r _site/* blog/
      - name: Set git config
        run: |
          cd blog
          git config --local user.email [email protected]
          git config --local user.name yoshitsugu
          git config pull.rebase false
      - name: Commit and Push
        run: |
          cd blog
          git add .
          git diff --quiet && git diff --staged --quiet || git commit -am "Commit by GitHub Actions (triggered by ${GITHUB_SHA})"
          git pull --prune
          git push origin blog

ブログ記事の最終的な HTML や CSS,JS などは blog ブランチを用意して、その root に配置するようにした。現在 GitHub Pages では同一ブランチで、 /docs 以下に配置ということもできるようだが、ブランチをわけて管理したほうが手元に毎回 pull してこなくていい分ラクなように思えたからであり、そこまでちゃんとは考えていない。
また、サポートされなくなった Ruby Sass のかわりに Dart Sass を使うようにした。

実行時間

実行時間については、初回こそ 30 分近くかかるものの、キャッシュされてからは 1 分半ほどで完了している。

  • 初回

  • キャッシュ後

まとめ

Travis CI から GitHub Actions に移行し、CI 状況も GitHub 上で確認できるようになり、実行時間も満足のいくものになった。