「30日でできる!OS自作入門」をRustで。6日目

Posted on June 13, 2019 , Tags: OS自作入門, OS, Rust

「30日でできる!OS自作入門 」のC言語の部分をできるだけRustですすめてみる。今回は6日目の内容。

GDT, IDTの定義

前回やらなかったGDT, IDTの定義をする。
新しく descriptor_table.rs というファイルを作り、そこに追記する。

use crate::asm;
use crate::handler;

#[derive(Debug, Clone, Copy)]
#[repr(C, packed)]
struct SegmentDescriptor {
    limit_low: u16,
    base_low: u16,
    base_mid: u8,
    access_right: u8,
    limit_high: u8,
    base_high: u8,
}

impl SegmentDescriptor {
    fn new(mut limit: u32, base: i32, mut ar: i32) -> SegmentDescriptor {
        if limit > 0xfffff {
            ar |= 0x8000;
            limit /= 0x1000;
        }
        SegmentDescriptor {
            limit_low: limit as u16,
            base_low: base as u16,
            base_mid: (base >> 16) as u8,
            access_right: ar as u8,
            limit_high: ((limit >> 16) as u8 & 0x0f) | ((ar >> 8) as u8 & 0xf0),
            base_high: (base >> 24) as u8,
        }
    }
}

#[derive(Debug, Clone, Copy)]
#[repr(C, packed)]
struct GateDescriptor {
    pub offset_low: u16,
    pub selector: u16,
    pub dw_count: u8,
    pub access_right: u8,
    pub offset_high: u16,
}

impl GateDescriptor {
    fn new(offset: u32, selector: i32, ar: i32) -> GateDescriptor {
        GateDescriptor {
            offset_low: offset as u16,
            selector: selector as u16,
            dw_count: (ar >> 8) as u8,
            access_right: ar as u8,
            offset_high: (offset >> 16) as u16,
        }
    }
}

const ADR_GDT: i32 = 0x00270000;
const LIMIT_GDT: i32 = 0x0000ffff;
const ADR_IDT: i32 = 0x0026f800;
const LIMIT_IDT: i32 = 0x000007ff;
const ADR_BOTPAK: i32 = 0x00280000;
const LIMIT_BOTPAK: u32 = 0x0007ffff;
const AR_INTGATE32: i32 = 0x008e;
const AR_DATA32_RW: i32 = 0x4092;
const AR_CODE32_ER: i32 = 0x409a;

pub fn init() {
    use crate::interrupt::{inthandler21, inthandler2c};
    use asm::{load_gdtr, load_idtr};
    // GDTの初期化
    for i in 0..=(LIMIT_GDT / 8) {
        let gdt = unsafe { &mut *((ADR_GDT + i * 8) as *mut SegmentDescriptor) };
        *gdt = SegmentDescriptor::new(0, 0, 0);
    }
    let gdt = unsafe { &mut *((ADR_GDT + 1 * 8) as *mut SegmentDescriptor) };
    *gdt = SegmentDescriptor::new(0xffffffff, 0x00000000, AR_DATA32_RW);
    let gdt = unsafe { &mut *((ADR_GDT + 2 * 8) as *mut SegmentDescriptor) };
    *gdt = SegmentDescriptor::new(LIMIT_BOTPAK, ADR_BOTPAK, AR_CODE32_ER);

    load_gdtr(LIMIT_GDT, ADR_GDT);

    // IDTの初期化
    for i in 0..=(LIMIT_IDT / 8) {
        let idt = unsafe { &mut *((ADR_IDT + i * 8) as *mut GateDescriptor) };
        *idt = GateDescriptor::new(0, 0, 0);
    }

    // 割り込みの設定
    let idt = unsafe { &mut *((ADR_IDT + 0x21 * 8) as *mut GateDescriptor) };
    *idt = GateDescriptor::new(handler!(inthandler21) as u32, 2 * 8, AR_INTGATE32);
    let idt = unsafe { &mut *((ADR_IDT + 0x2c * 8) as *mut GateDescriptor) };
    *idt = GateDescriptor::new(handler!(inthandler2c) as u32, 2 * 8, AR_INTGATE32);
    load_idtr(LIMIT_IDT, ADR_IDT);
}

Cで実装した場合とメモリ配置が同じになるように、structには #[repr(C, packed)] をつけている。見た目は本のCのコードとあまりかわらないと思う。

asm.rsの追記

load_gdtr, load_idtr などは asm.rs のほうに追加しておく。ついでにわりこみハンドラを生成するマクロ handler! もつくった。( マクロについてはここが参考になった。)

ここでもメモリ配置が本と同様になるように、 #[repr(C, packed)] をつけたstructを定義し、それを読み込むようにした。

PICの定義、割り込みの際の動作の定義

PICまわりも本に準拠する形で作った。interrupt.rs という別ファイルにまとめている。

// interrupt.rs
use crate::asm::out8;

const PIC0_ICW1: u32 = 0x0020;
const PIC0_OCW2: u32 = 0x0020;
const PIC0_IMR: u32 = 0x0021;
const PIC0_ICW2: u32 = 0x0021;
const PIC0_ICW3: u32 = 0x0021;
const PIC0_ICW4: u32 = 0x0021;
const PIC1_ICW1: u32 = 0x00a0;
const PIC1_OCW2: u32 = 0x00a0;
const PIC1_IMR: u32 = 0x00a1;
const PIC1_ICW2: u32 = 0x00a1;
const PIC1_ICW3: u32 = 0x00a1;
const PIC1_ICW4: u32 = 0x00a1;

pub fn init() {
    out8(PIC0_IMR, 0xff); // 全ての割り込みを受け付けない
    out8(PIC1_IMR, 0xff); // 全ての割り込みを受け付けない

    out8(PIC0_ICW1, 0x11); // エッジトリガモード
    out8(PIC0_ICW2, 0x20); // IRQ0-7は、INT20-27で受ける
    out8(PIC0_ICW3, 1 << 2); // PIC1はIRQ2にて接続
    out8(PIC0_ICW4, 0x01); // ノンバッファモード

    out8(PIC1_ICW1, 0x11); // エッジトリガモード
    out8(PIC1_ICW2, 0x28); // IRQ8-15は、INT28-2fで受ける
    out8(PIC1_ICW3, 2); // PIC1はIRQ2にて接続
    out8(PIC1_ICW4, 0x01); // ノンバッファモード

    out8(PIC0_IMR, 0xfb); // 11111011 PIC1以外は全て禁止
    out8(PIC1_IMR, 0xff); // 11111111 全ての割り込みを受け付けない
}

pub fn allow_input() {
    out8(PIC0_IMR, 0xf9); // PIC1とキーボードを許可(11111001)
    out8(PIC1_IMR, 0xef); // マウスを許可(11101111)
}

pub extern "C" fn inthandler21() {
    use crate::vga::{Color, Screen, ScreenWriter};
    let mut screen = Screen::new();
    screen.boxfill8(Color::Black, 0, 0, 32 * 8 - 1, 15);
    let mut writer = ScreenWriter::new(Screen::new(), Color::White, 0, 0);
    use core::fmt::Write;
    write!(writer, "INT 21 (IRQ-1) : PS/2 keyboard").unwrap();
    loop {
        crate::asm::hlt();
    }
}

pub extern "C" fn inthandler2c() {
    use crate::vga::{Color, Screen, ScreenWriter};
    let mut screen = Screen::new();
    screen.boxfill8(Color::Black, 0, 0, 32 * 8 - 1, 15);
    let mut writer = ScreenWriter::new(Screen::new(), Color::White, 0, 0);
    use core::fmt::Write;
    write!(writer, "INT 2C (IRQ-12) : PS/2 mouse").unwrap();
    loop {
        crate::asm::hlt();
    }
}

lib.rsの初期化処理を修正

エントリポイントとなる関数は以下のように修正した。

実行結果

初期状態

初期状態

キーボード打鍵後

キーボード打鍵後

打鍵に反応して表示がかわったことがわかる。

今回実装コードの差分自体は多くなかったが、ハマってしまいだいぶ時間がかかった。動かないときに何をデバッグしてよいのか最初はわからず、苦労した。gdbでメモリのdumpを見ながらデバッグをしたが、今まであまりしてこなかったので、gdbの操作含め勉強になった。

6日目は以上となる。ここまでの内容のコードはyoshitsugu/hariboteos_in_rustのday6としてタグを打ってある。

Screen などは Writing an OS in RustWRITER のように、spin_no_stdlazy_static! を使って static として管理したいのだが、entered unreachable code というエラーがでてしまいできていない。調べても同様の事例がでてこないので、自分のHariboteOS環境特有の現象なのだろうか。

参考文献